皆様に「ありがとう」と「笑顔」をたくさん頂ける接骨院を目指して

おがわ接骨院へようこそ

当院は骨折、脱臼後の後療法(リハビリ)、捻挫、打撲、挫傷(肉離れなど)スポーツ活動による外傷、障害、日常生活動作中に起こる痛み、交通事故によるむち打ちや後遺症を改善させる事を得意としております。


院長ご挨拶

整形外科で10年間にわたり痛みや動き、筋力を回復させる為の施術理論やストレッチング法・テーピングなどの技術を学んでまいりました。

薬や注射を使用せず、早期の回復を実現する為に、様々な治療器と技術を使い施術いたします。

接骨院では回復が難しい状態と判断した場合には常に整形外科と密接な連絡を取る事で、安心していただける体制を整えております。

緒河 和史


院長略歴

昭和51年 豊橋生まれ

専門学校で3年間学びながら接骨院にて勤務

国家資格取得後、豊川市の堀江整形外科にて3年間勤務

その後豊川市の武田整形外科にて7年間勤務

平成20年4月「おがわ接骨院」開院

所有資格

・柔道整復師

キネシオテーピング認定トレーナー

運動器リハビリテーションセラピスト

日本ストレッチング協会認定
 ストレッチングトレーナー

 パートナー・セルフ

施術室
施術室

お知らせ

4月より平日午後診療受付時間が16時~21時となります。

木曜日午後は休診となります。

全日予約可能です。

(予約なしでも大丈夫です。お気軽にお越しください)

土曜日は完全予約制となります。当日予約(午前診療)も可能です。

土曜午前 予約制の通常治療(保険治療または1,500円〜のオーダーメイド治療)
土曜午後

予約制の特別治療(1時間5,000円〜の自費治療のみ)

完全貸し切り制
※自費治療・特別治療については料金表・オーダーメイド治療の欄をご確認ください

ご予約はTEL.0533-86-3777にお電話ください

交通事故患者様は「酸素カプセル30分」が無料

当院は、新タイプ「高濃度酸素」がプラスされ、さらに高い効果が期待できます。怪我や症状の早期回復、疲労回復、美容、ストレス解消等に是非お試しください。


ブログ

2017年

10月

05日

KNOCK OUT vol.5を終えて

久しぶりの更新です。

 

昨日10月4日、午後の診療を休診させていただいて後楽園ホールで行われたキックボクシングイベント「KNOCK OUTvol.5」鈴木博昭選手のセコンドについてきました。

 

結果だけを言えば最終ラウンドでタオル投入によるTKO負け。(実際は失神KO)

本人が試合を諦めたのではない、自分が止めたんだという会長の配慮がそこにはありました。

 

負けて良い試合など一つもないことは承知の上ですが、今回の試合は今までで一番心に残る試合でした。

 

2ラウンド終了間際に左フックをもらいダウンした後の記憶は本人にはありません。

 

3ラウンド以降はとにかく勝ちたいという本能と気持ちだけで戦っていたと思います。

 

セコンドの声も全く聞こえていなかったでしょう。

 

試合後控室でも自分がKO負けしたことすら分かっていませんでした。

 

よくトッププロの話の中で無意識に戦っていたという話を聞きますが、現実に目の前でそれが行われていました。

 

ただこれは誰にでも出来ることではなく、毎日毎日くり返し練習し、強くなるための努力をひたむきにして無意識に体が反応するまで鍛錬を積んだ結果だと思います。

 

そこに絶対に勝ちたいという気持ちが重なったからこそ限界まで戦えたんだと思います。

 

水落選手も3ラウンドにダウンしかけたのですが、そこからの気持ちがすごかったです。

 

まさに鬼気迫るものがありました。

 

お互い死力を尽くしすべてを出し切った試合です。

 

誰も非難する人はいません。

 

こんな素晴らしい試合のセコンドに付かせてもらったことを感謝し、誇りに思います。

 

負けた側が言うことではありませんが、これこそまさに名勝負という試合でした。

 

対戦していただいた水落選手、KNOCK OUT関係者様、そして鈴木選手、素晴らしい試合を本当にありがとう。

(写真はKNOCK OUT公式サイトより引用させていただきました)

更新情報

2015年10月29日 ホームページをリニューアルしました

2012年1月29日 ホームページをリニューアルしました